焚き火で料理!

今週末も台風の影響で雨。。
土曜日の予定だった子供の運動会も日曜日に順延。
というわけで今週末もダブルに乗れず。。。

乗れない日はモノのお話でも。
もしかしたら誰かの役に立つかもしれないシリーズw。
今回は焚き火台。

ユニフレームのファイアスタンドII
バイクにも問題なく載せることが出来る携帯性、比較的安価に手に入る経済性、(きっと)壊れることのあまりなさそうな耐久性のどちらにも優れている。

今まで焚き火は火を愛でるものであって、その他の活用法といえばせいぜい子供たちがマシュマロを焼くくらい。
でも昔の西部劇なんかではカウボーイ達が調理もしてたな。ギャートルズもマンモスを焼くわけだからそういう使いかたも当然あるわな。。

そこであると便利なのがトライポッド。焚き火などの上に架けてダッチオーブンなんかを吊るして使うもの。
ただしとても重く大きいのでバイクには不向き。使っている方もたまに見かけるが積載量の少ない僕のバイクには無理。

と、思っていたある日。
とある雑誌で見つけたのがこちら。
DUG(ダグ) 焚火缶 トライポッド:DG-0104

20131019-171009.jpg

非常に小型軽量。お値段もお安い!速攻帰宅のバスの中で注文(笑)。

ちなみに焚き火台との収納状態での大きさはこんな感じ。

20131019-170935.jpg

焚き火台の収納袋に入るくらいのサイズ。実際には炭だらけになるので入れませんが。。

ただしこのトライポットは直火でちょうどいいサイズなので焚き火台で使うには少し高さが足りない。
そこでいつものホームセンター。全ねじ(ボルトのねじ部分のみのもの)400ミリを購入して接続。
うーむ。いい感じ。使えそう。他にも100円ショップで魚焼き用のステンレス串を多数購入→仕事中w。

.

さて。
先日の西湖キャンプ
こちらで実際に使うことに。今回は調理にガスは使わないと誓う(大袈裟w)。

火を扱うにはやはり薪から、という名目のもと小型のナタも購入。
ただ単に薪が割りたいだけですが。。。

20131014-182658.jpg

実際に焚き火台と組みわせて使うとこんな感じ。

20131019-170956.jpg

で。
メラメラいくw。

20131019-171138.jpg

当然焦げるw。ご一緒したmotor-motoさんにもお焦げをお召し上がりいただきました(笑)。
時をおいての登場となったBonnie侍さんとジップヒットさんは難を逃れることにw。

ある程度厚みのある肉のかたまりを焼くときなどは少し工夫が必要かな。
マリネをするとかホイルでカバーするとか。乾燥させない工夫も。

でも楽しい。これぞキャンプ料理って感じ。完全に自己満足だけどw。
まわりに人が沢山のときは出来ないかもなぁ。。

ちなみに翌朝も焚き火でパンをあぶってソーセージ焼いてホットドッグにして食べた。
トライポッドは使わなかった(笑)。

広告

焚き火で料理!」への11件のフィードバック

  1. 運動会どうでした?泣いた?w
    アウトドアでは、やはり肉が喰らいたいですよね。
    いつか私がお邪魔するまでには、腕を上げておいてください(笑)

    • sir-yangさん

      泣きませんでした(笑)。
      スタート失敗したかけっこでドベだったのは半泣きでしたがw。

      もっとメラメラ燃やして作るように練習しよ。
      極寒キャンプにおいでくださいまし( ̄▽ ̄)

  2. なかなか、ワイルドで凄いですね。
    肉も旨そう(^^
    そうそう、今年の北海道ツーリングで知り合った
    おじさんの影響を受け、自分もユニフレームのネイチャーストーブを
    使い、こそこそ実験しているところなんですよ
    寒くなってきたから
    投入は、来年以降のキャンプツーリングかな

    • oooxoooさん

      ネイチャーストーブいいですよね。
      どうってことないくらいの小枝でもしっかりお湯が沸かせるようですもんね。究極の道具かもしれません。

      僕は寒くなってきたからこそ火遊びw楽しいです。
      今週末は西湖で張るのでメラメラいきますw。

  3. 炎で肉を焼く!

    いいですねぇ〜
    やはり人間は 潜在的に 原始時代の記憶があるのですでしょうね。

    • ジップヒットさん

      もう少し到着が早ければ被害にwあっていたかも(笑)。侍さんの本栖湖寄り道は幸運でしたねw。

      炎は人間の根本に訴えかけるものを持っていると思います。
      とりわけギャートルズの仙人が人生の師である僕にとってはw。

    • motor-motoさん

      いや、さすがに本気で焦げた奴は薪と一緒に燃やしときましたんで大丈夫ですw。
      次回カモはぜひ手開きで!w

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中