使用感上々(^^)

昨年。
キャンプの後に家に届いたBLAZE® H Panniers Set.

届いた後のキャンプには体調不良で参加できず、そのまま冬に突入。
ヘタレキャンパーとしては春まで登場はお預け。。

ということでようやくこの春のマスキャンプソロキャンプで使用と相成った。

.

で、使用感のレポを。

まずは実際に荷物を入れてみる。

パニアの形が長方形ではなく変形。おそらくスポーツタイプのバイクにも合わせる為だと思う。
このためスペースの有効利用が意外に難しい。
デッドスペースが生まれやすいので、大きなものや形が買えられないものを先に入れて柔らかいものや形を変えやすいものを後から押し込むやり方でしまっていく。

IMG_1709

これでシェラフ(コンプレッションキャップ使用)、着替え、防寒具上着、インナーダウンベスト、と照明器具(ヘッドライト・バッテリーランタン)が入っている。
逆サイドはクッカー関連、バーナー(ガスボンベ含む)、ランタン、レインウエア、インナーダウン、その他細々が入っている。

パニアの中身が左右個別に微妙に統一性が無いのは重さのバランスを取る為。
大体これでバランスはとれているような。。。

.

実際の使用写真はこちら。

IMG_1955

ジッパーを開ければ容量が増えるが当然幅も増える。
気持ちハンドルよりも広めのサイズ感。
すり抜け(あまりやらないけれども)にはちょっと気を使う感じ。

上の写真はキャンプに向かう時なのでパニアに加え、テント(グリーンの物体)、マット(オレンジの物体)、チェア・焚き火台・焚き火セット(エンジの物体←一纏めにしてます)が乗っている。他に靴(ホワイトの物体)と暑かったので脱いだ薄いフリース(ブラックの物体)も。
相当スッキリするし、何よりもバイクに積み込む時間が圧倒的に少なくなった(^^)。

もともと荷物は多い方ではないけれどそれでもパニア導入前はこんな感じだった。

IMG_0071

ボンネに乗るには往年の吉川晃司(知ってる?)よろしく足をあげなくてはならなかった。

それがこんな感じ。

IMG_1823

フツーにボンネに乗れちゃう。そんな高さに収まる様になった。

また、以前は持って行けなかった(笑)レインウエアもしっかり入るのと、細かいものをバックから出せるという利便性。
今まではパッキングしてしまうと何も出せないので温泉に立ち寄る時は少々大変だったのだ。。

外してしまえば、スッキリと。
自慢のw後ろ姿もそのままに(^^)。

IMG_1128

パニアの利便性という意味ではもう少し縦に大きなタイプのバックが着くとなおいいのだけど。
当面はこれを愛用いたします!

.

.

.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中